お知らせ

お知らせ
HOME > お知らせ
ボランティア募集
社会貢献への取組
災害対策
お見舞いメール
岐阜市 介護・福祉・医療事業所連絡協議会
全1050件中(1-10件):[ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 ]
介護人材育成事業者認定制度のパンフレットに掲載されました
2017/03/18
 岐阜県では、介護人材の育成及び職場環境の改善に積極的に取り組む介護事業者を認定する「岐阜県介護人材育成事業者認定制度」を今年からスタートしています。

 第一回目となる審査会で、平成28年12月に医療法人和光会、社会福祉法人和光会は、グレード2と認定されました。

 今回、介護人材育成事業者と認定された事業者を紹介するパンフレットが作成され、医療法人和光会、社会福祉法人和光会も掲載されました。
 岐阜県健康福祉部高齢福祉課にて配布しておりますので、ぜひご覧ください。
https://www.gifu-kaigo.jp/lsc/upfile/info/00/50/50_1_file.pdf

2018和光会グループ法人説明会が始まりました。
2017/03/09
 今月から、和光会グループでは2018年新卒者向けに法人説明会を行っております。

 説明会では、法人の成り立ちやサービス内容、職場の福利厚生の説明の後、希望職種に応じて現場で働いている先輩職員と直接話をする場も設けています。
 また山田病院や寺田ガーデンなど施設見学もしますので、イメージを具体的に持っていただけると思います。

 3月8日の1回目の説明会の座談会では、真剣な表情で職員に質問をしたり、時には談笑する姿も見られました。

 3月中にあと6回の説明会を予定しており、今後も継続的に開催予定です。
 医療法人和光会、社会福祉法人和光会であなたの力を生かしてみませんか?
まずはお気軽に説明会にご参加ください!
お待ちしております。


【3月説明会】
 ・2017/03/11(土)10:00〜11:30
 ・2017/03/16(木)10:00〜11:30
 ・2017/03/18(土)10:00〜11:30
 ・2017/03/24(金)10:00〜11:30
 ・2017/03/29(水)10:00〜11:30


場所:ナーシングケア寺田 1階 地域交流スペース
   岐阜市寺田7丁目85番地

お申し込みは、人事課 野田(058-255-3160)まで。
もしくはリクナビ・マイナビからエントリーください!
http://www.wakokai.or.jp/recruit/index.html

第12回 和光会成果発表会を開催しました。
2017/03/06
 3月4日(土)に岐阜県県民ふれあい福寿会館において、第12回和光会成果発表会を開催しました。
 毎年、グループの各施設にて、サービスの向上を目指し取り組んでいることを地域の皆様に発表し、今年で12回目となります。今年も、多くの医療・福祉関係者、自治会、老人クラブ、民生委員、日赤奉仕団など地域住民の方々、行政関係者にご出席いただき、全体で300名の参加となりました。

 今年は、「いのちをつなぐ〜笑顔とともに〜」をテーマに、超高齢化社会における終末期の看取りと在宅医療を中心とした取り組みを発表しました。

 内容は、写真家・ジャーナリストである國森康弘氏の特別講演と和光会職員による3演題による発表です。


【特別講演】
「写真が語る、いのちのバトンリレー 〜さまざな看取りの現場から〜」
演者:國森康弘氏(写真家・ジャーナリスト)

 國森氏が在宅看取りの現場で撮影した写真を紹介しながら、当時の本人や家族の思い、住み慣れた家で亡くなることの意味について語られました。
 東日本大震災で自宅から仮設住宅に転居となった方、小さなお子様の看取りでのエピソードなど、命や人生について考えさせられる写真と語りに、共感し思わず涙ぐむ方もいらっしゃいました。

【成果発表】(3演題)

@看取りを支える在宅医療
 〜北方在宅クリニックの1年間を振り返って〜
 演者:北方在宅クリニック
    院長 山田 豪

A終末期における在宅リハビリの目指す
 方向と役割
 演者:訪問看護ステーション和光
    理学療法士 小森武優

B看取りについて
 〜特養で安心した終末を迎える〜
 演者:特別養護老人ホーム 
    ナーシングケア北方
    介護福祉士 川瀬恵莉

 国が推し進める地域包括ケアシステムの構築において、家や施設での在宅医療や看取りは今後増加が予想され、それに向けた取り組みを進めています。
 在宅専門クリニックによる診療、終末期リハビリによるQOLの改善、施設での看取りにおける家族の関わりなどについて、実際の症例を紹介しながら取り組みを発表しました。
 私たちは、医師、看護師、機能訓練士、介護士など様々な立場の者が協力しあい、ご本人、ご家族の意思に寄り添うことで、穏やかな時を過ごしていただけるよう尽力しております。
 会場にはご家族の皆さまもお見えになり、実際に感謝の言葉をいただくなどの交流もありました。

 参加者からは、「終末期においてはご本人だけでなく家族のケアも大切にしていることに感心した」「看取りについて深く考えさせられた」などの感想が出されました。

 たくさんの方にご参加いただきまして、ありがとうございました。

▼國森氏のホームページはこちら
http://www.kunimorifoto.net/

ボランティアの皆さまに感謝!『感謝の集い』を開催しました。
2017/02/14
 和光会グループでは毎月100名以上の方が、ボランティア活動をしてくださっています。

 皆さまのご厚意に、和光会は長年支えられています。ありがとうございます。
 
 今回、2月13日にボランティアの皆さまに感謝の気持ちを伝えるべく、『感謝の集い』を開催いたしました。
『感謝の集い』は毎年行われており、今年は岐阜市中央図書館メディアコスモスの「考えるスタジオ」と「みんなのホール」をお借りして、開催しました。
 
 「考えるスタジオ」では、和光会グループ代表 山田豪 による講演を聞いていただき、感謝とともに、法人の理念や方向性などをお伝えし、新たに皆さまで気持ちをひとつにすることが出来ました。

 その後は、懇親会でお茶やお菓子などを召し上がりながら、お話を楽しまれていました。
 
 また、会場を変えて「みんなのホール」では、岐阜市出身のシャンソン歌手 遠藤伸子氏によるコンサートが行われました。

 遠藤氏は47歳でシャンソン歌手としてデビュー後、亡き母の夢であるNYカーネギーホールでのリサイタルを果たし、現在では福祉施設・病院・学校等での「生涯500回のボランティアライブ」を目標に活動されています。
定期コンサートや、東京でのシャンソニエでの出演、2015年には岐阜県芸術文化奨励賞を受賞するなど、華々しくご活躍されています。

 今回のコンサートでは「オー・シャンゼリゼ」「生きる」など、全10曲を披露していただきました。
皆さま、ホールいっぱいに響き渡る情感豊かな歌声に聴き入っておられました。
 会の最後の曲となる「生きる」では手話とともに遠藤氏が歌に込めた想いが伝わり、心に響く素敵なコンサートを楽しんでいただくことが出来たかと思います。

 ボランティアの皆さま、日ごろから和光会の活動にご賛同、ご協力いただき誠にありがとうございます。

 これからも何卒よろしくお願いいたします。



また和光会では、ボランティア活動をしてくださる方を募集しております。
活動内容は様々ですので、興味のある方はお気軽にご相談ください。
▼詳しくはこちら


http://www.wakokai.or.jp/recruit/volunteer/index.html

第12回 和光会成果発表会を開催します。
2017/01/27
 第12回 和光会成果発表会を開催します。こちらは、和光会グループの各施設にて、サービスの向上を目指し取り組んでいることを地域の皆様にお知らせする機会です。
 今年は「いのちをつなぐ−笑顔とともに−」をテーマに、超高齢化社会における終末期の看取りと在宅医療を中心した取り組みを発表します。
 特別講演には、新聞記者を経てイラクやソマリアなどの紛争取材、経済困窮地や被災地等の取材を重ね、現在では看取り在宅医療の撮影などに力を入れておられる國森康弘氏の講演を予定しております。
 どうぞお気軽にお申し込みください。

・日時:2017年3月4日(土)13:00〜16:30(12:30〜受付)
・場所:ふれあい福寿会館302会議室(岐阜市薮田南5-14-53)
・参加費:無料

◇特別講演:國森康弘氏(写真家・ジャーナリスト)
 「写真が語る、いのちのバトンリレー」〜さまざまな看取りの現場から〜

・お問い合わせ:和光会成果発表会実行委員会(和光会本部内)п@058-254-8080

・お申し込みは下記URLから(申込締切2/10)

http://www.wakokai.or.jp/image/seika_20170304.pdf

和光会グループ新理念「みんなを笑顔に。」発表
2017/01/27
 和光会グループは平成28年10月28日より、新理念と新基本方針を定めました。
 今回、職員への理解を深めるために、グループ全体で新理念発表会を計6回開催いたしました。計620名もの職員が参加し、今後新理念のもとで働くことの意識を持つ機会となりました。
 職員一同、力を合わせて、関わるすべての方がいつも笑顔でいられるように頑張ってまいります。
 今後ともよろしくお願いいたします。

http://www.wakokai.or.jp/outline/idea/index.html

介護人材育成事業者認定制度グレード2に認定されました!
2016/12/27
 岐阜県では、介護人材の育成及び職場環境の改善に積極的に取り組む介護事業者を認定する「岐阜県介護人材育成事業者認定制度」を今年からスタートしています。

 今回、初めてとなる認定審査において、医療法人和光会、社会福祉法人和光会が、グレード2と認定され12月22日にふれあい福寿会館にて認定証を授与いただきました。
 認定は優れた取り組みをする順に、グレード1、2、3と3段階に分かれ、グレード1の認定を受けるためにはグレード2の認定が必要です。
 初めての認定ということでグレード2と3が認定され、グレード2は15事業者、グレード3は47事業者が岐阜県内で認定されました。

 授与式では認定証の授与の他、古田肇知事の挨拶などが行われ、当法人の山田理事長が認定事業者を代表して決意表明をさせていただきました。

 和光会はグレード1の認定を目指し、今後もより一層の職場環境の改善や人材育成に積極的に励んでいきます。


認知症予防教室を開催します。参加者募集!(音楽療法寺田会場)
2016/12/27
日本健康レクリエーション学会による「認知症予防教室」(音楽療法寺田会場)を開催いたします。楽しい音楽活動を行うことで、認知機能向上を目指しましょう!

開催日時:
2月8日(水)・3月8日(水)・3月15日(水)・3月22日(水)・3月29日(水)
全日程午後1時30分〜

場所:ナーシングケア寺田
参加費:無料

毎回出席が可能で、65歳以上の施設周辺地域の方なら誰でもご参加いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.wakokai.or.jp/image/ninchiyobou.pdf

「岐阜市転職フェア in the evening」に参加します。
2016/12/14
岐阜市主催の合同企業説明会「岐阜市転職フェアin the evening」に参加します。
岐阜市内の企業へ転職を希望する方向けの説明会です。
13日(金)は17時〜20時の開催時間ですので、お仕事帰りの方にも来ていただきやすい時間帯です。ぜひお越し下さい!

日程:平成29年1月13日(金) 17時〜20時
       1月14日(土) 13時〜17時
場所・じゅうろくプラザ 2階ホール(岐阜市橋本町1丁目10番11)
入場無料、事前申込不要、入退場自由、履歴書不要
http://www.city.gifu.lg.jp/28542.htm

『こんなときどうするの?なるほど防災体験』を開催しました。
2016/12/12
12/10(土)北方みなみ子ども館で、社会福祉法人和光会主催の、生きる力を育むプロジェクト『こんなときどうするの?なるほど防災体験〜災害に役立つ知恵と技術を楽しく学ぼう〜』を開催しました。

 今回のイベントは、近年各地で起きている災害発生を受け、未来を担う子どもたちが命の尊さについて考え、防災意識、技術を学び、自ら判断し助け合いの意識を持つことで“生きる力を育んでほしい”との願いから企画されたもので、35名の小中学生のお子さんと、12名のボランティアの方に参加いただきました。


 最初に、岐阜大学の木朗義先生から講義をしていただき、子どもたちは熱心に聞き入り、災害に役立つ知恵や知識、災害の恐ろしさ、対策の重要性を学びました。

 その後、大声コンテスト、簡易マスク作りやシーツ搬送、ツナ缶を使ったロウソク作りなど、知識だけではなく災害時に役立つ技術を身につける体験に取り組みました。
非常食の試食もあり、意外なおいしさに子どもたちやボランティアの方々も喜ばれていました。


 今回の取り組みを通して、子どもたち自身の生きる力を育むことはもちろん、新しく得た知識を家族や友人など周りの方と共有し、地域の防災力を高める機会にもつながることを願っています。



全1050件中(1-10件):[ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 ]