社会貢献への取組

社会貢献への取組
HOME > 社会貢献への取組
ボランティア募集
社会貢献への取組
災害対策
お見舞いメール
岐阜市 介護・福祉・医療事業所連絡協議会

Ⅰ.地域活動への参加

地域交流

地域のお祭り

地域の高齢化により住民の高齢者の方から、孫や子ども達が祭囃子の音を聞いて心躍るような気持ちや、老若男女が集える地域の祭りを絶やしてはいけないという声を聞き、平成7年からお祭りを主催したり地域のお祭りに参加し盛り立てています。

北方祭り(5月)、ガーデン祭(5月:和光会主催)、白山夏祭り(7月)、サンタウン夏祭り(7月、H26年終了)、寺田の夏祭り(8月:和光会主催)、祭りいこまい中山道河渡宿(10月)など地域のお祭りに参加しています。
毎年、和光会ダンスチームを結成し、地域の皆さんに楽しんでいただいております。

和光会職員の合い言葉は、本業8割 地域活動2割?
いやいや本業10割 地域活動2割 120%の気合が自分を成長させます。
和光会は地域の活性化のために、地域で汗を流す職員集団です。ちっぽけな一人の力でも、和光会では何倍もになります。

北方祭り
北方祭り

ガーデン祭
ガーデン祭
白山夏祭り
白山夏祭り
サンタウン夏祭り
サンタウン夏祭り
寺田の夏祭り
寺田の夏祭り
祭りいこまい中山道河渡
祭りいこまい中山道河渡

高齢者疑似体験活動

主に小学生を対象に、疑似体験装具(特殊眼鏡、手足の重りなど)を装着して、日常生活動作を擬似的に体験することにより、加齢による身体的な変化(筋力、視力、聴力などの低下)を知り、高齢者の気持ちや介護方法、高齢者とのコミュニケーションの取り方を体験的に学んでいただく活動を行っています。

和光会では、平成14年から行っています。

高齢者疑似体験活動
高齢者疑似体験活動

防災活動

災害発生時における福祉避難場所

岐阜市ならびに北方町より、災害発生時における福祉避難場所として和光会の施設が指定されております。

福祉避難所は、体育館などの一般の避難所では生活できない障がい者や高齢者、妊産婦の方を受け入れる場所です。

和光会福祉避難場所施設

岐阜市 介護老人保健施設 寺田ガーデン
岐阜市寺田7丁目86番地1
特別養護老人ホーム ナーシングケア寺田
岐阜市寺田7丁目85番地
特別養護老人ホーム ナーシングケア加納
岐阜市加納愛宕町18番地2
北方町 グループホーム ファミリーケア北方
本巣郡北方町柱本3丁目88番地
小規模多機能型居宅介護 ファミリーケア北方かわせみ庵
本巣郡北方町柱本3丁目90番地
認知症対応型デイサービス 笑来北方
本巣郡北方町柱本3丁目90番地

ナーシングケア寺田(左)寺田ガーデン(右)

ナーシングケア寺田(左)
寺田ガーデン(右)

ナーシングケア加納
ナーシングケア加納
ファミリーケア北方かわせみ庵(左)笑来北方(左)ファミリーケア北方(右)

ファミリーケア北方
かわせみ庵(左)
笑来北方(左)
ファミリーケア北方(右)


Ⅱ.環境保全

清掃活動

ゴミゼロ運動

第2、4金曜日には、寺田地区施設の周りのごみ拾いをしています。

ゴミゼロ運動
ゴミゼロ運動

地域の方とどぶ掃除をすることもあります。

ゴミゼロ運動
ゴミゼロ運動

5月に行われる寺田ガーデン祭の時にも地域の方と協力し合い地域清掃を行っています。

ゴミゼロ運動
ゴミゼロ運動

ミツバチはちみつプロジェクト、特別栽培米ガーデン×ガーデンプロジェクト

地域活性化と子どもの食育と自然との触れ合い、環境保全のための活動として『和光会ミツバチはちみつプロジェクト』&『特別栽培米ガーデンガーデン栽培プロジェクト』を行っています。
年間を通して、身近な環境と自然を多世代で考えています。

このプロジェクトを通して、職員はもとより子ども達にも自然の楽しさや環境への興味を育てていくことができました。

ミツバチはちみつプロジェクト

『近代養蜂発祥の地』と言われている岐阜の地において、株式会社秋田屋の皆様のご指導の下、はちみつ作りに挑戦しようと「ミツバチはちみつプロジェクト」をスタートさせました。養蜂・はちみつ作りを通じて、地域との交流、絆つくりをしていきたいと考えております。

ミツバチはちみつプロジェクト

寺田ガーデンの中庭に巣箱を設置しました!

ミツバチはちみつプロジェクト

保育園の園児たちも、
始めてみる蜂蜜採集に興味津々!

詳しくはコチラ!


特別栽培米ガーデン×ガーデンプロジェクト

(有)合渡水田夢クラブ(集落営農組織)の皆様のご協力により、農薬を極力使用しない特別栽培米「ガーデン ガーデン」を栽培し、田植えから、かかし作り、稲刈りまでを保育園の園児をはじめ、各施設の入居者の皆様が交流を兼ねて行い、収穫されたお米は、保育園の給食や各施設のイベント食に使用しております。

田植えを初体験!

田植えを初体験!

ミツバチはちみつプロジェクト

案山子に交通安全祈願のたすきを掛けました!


Ⅲ.開かれた組織を目指して

関係機関との交流

実習生の受け入れ

大学や専門学校、高校などより、看護、介護、保育などの実習生の受け入れを行っています。
寺田ガーデンをはじめ、山田病院やナーシングケア寺田、保育園など15以上の施設で実習をしていただいております。

[平成27年度受け入れ実績]184名


見学者の受け入れ

見学者の受け入れ

老人クラブや民生児童委員の方などの見学を受け入れています。

時には海外(タイ全国看護大学代表者団、韓国テグ広域市スソン区代表団など)からも見学に来ています。

[平成27年受け入れ実績]243名


ボランティア交流

ボランティアの受け入れ

和光会では毎月100名以上の方が、ボランティア活動をして下さっております。

間接的なケア 話相手、配膳、洗濯、新聞読み、片付け、散歩・外出・買い物などの付き添い
レクレーション 音楽、ダンス、手芸、習字の手伝い、茶道、絵画、化粧、ゲーム、囲碁将棋、回想、組紐、陶芸、パソコン、体操、漫談
特殊技能の提供 園芸、手芸、演奏、花の手入れ
その他 和光会行事のお手伝い、ペットボトルキャップの洗浄

等、多様なボランティアの受け入れをしています。

皆様の援助や善意に、和光会は長年支えられております。


ボランティア感謝の集い

ボランティア感謝の集い

ボランティアの皆様に日ごろの感謝の気持ちをこめて、「ボランティア感謝の集い」を毎年行っています。

これまでヴァイオリンコンサートやシャンソンコンサート、日本舞踊を行い、皆様に楽しんでいただいています。


ボランティアは随時募集しておりますので、ご興味のある方はお気軽にご連絡下さい。

詳しくはコチラ!


Ⅳ.認知症サポート

認知症サポーター養成講座

認知症サポーター養成講座

認知症に対する偏見や誤解をなくすとともに、認知症になっても尊厳を持って地域で暮らせるように厚生労働省がすすめる「認知症サポーター養成講座」。和光会でも地域の方に、認知症を正しく理解してもらい、認知症の方やご家族を温かく見守る応援者になってもらうため、養成講座を行っております。
地域住民の方や警察署、小学校などで実施しています。


認知症を支える地域の会

認知症を支える地域の会

認知症について誰もが正しい知識を持ち、支える手立てを知っていれば、認知症になっても安心して暮らせるように地域で守ることができます。そんな地域づくりをするため、「認知症を支える地域の会」を発足(平成20年)しました。

認知症の方やご家族の方々に対する相談支援体制の充実、介護にあたるご家族同士の交流会・ふれあい旅行などを行っています。

テレビ(NHK)でも取り上げられました。

認知症サポーター養成講座も行っており、地域の会からサポーターになった方の中には、地域に住む1人暮らしや、夫婦だけで住む高齢者のお宅に訪問して、話し相手や相談事にのったり、介護保険サービス利用のアドバイスなど高齢者の孤立を防ぐ活動をされている方もおります。

この様子がテレビ(NHK)でも取り上げられました。


Ⅴ.地域支え合い

地域子育てサロン マシュマロらんど

マシュマロらんど

地域には子育ての問題、
●母親と子どもだけの日中の孤立化
●新しく引越ししてきた子どもを抱えた母親の育児不安
●少子化による保育の課題
などがありました。

そんな行き場のない乳幼児親子の大切な居場所『マシュマロらんど』を平成22年、グループホーム内(ファミリーケア北方)に開設しました。

ふれあい遊びや親子のスキンシップ講座、育児相談会、グループホームの入居者との交流などを行いました。

現在は、北方町県営住宅集会場に移設し、高齢者と子育て親子が集える『ひなたぼっこくらぶ』として地域の皆様の居場所となっています。


地域支え合いセンター ひなたぼっこくらぶ

地域には、子育て親子の問題だけでなく、
●高齢者単身世帯の増加
●学校から帰った後、子ども達の行き先(遊び場)がない
などの課題もありました。

平成24年、マシュマロらんどを北方町県営住宅の集会場に移し、高齢者の方も集える場所『ひなたぼっこくらぶ』を開設しました。

子育て支援の他、高齢者のための健康講座やパソコン教室、また、夏祭りや遠足などの多世代交流も行っています。

地域高齢者の交流促進・日々の生活の活性化を目指す“居場所づくり”や“役割づくり”の提供を、乳幼児親子の子育て支援と共存して行います。高齢者の方々が安心して暮らせる地域づくり、親が子育てしやすい環境づくりを地域において一体的に取り組んでいます。

現在は、住民の方が主体となり運営を行っています。(事務局:和光会)
また、この活動を加納愛宕住宅においても平成26年より行っています。

ひなたぼっこくらぶ
ひなたぼっこくらぶ
ひなたぼっこくらぶ

Ⅵ.地域活性化

地域通貨 和光会地域クーポン券

和光会地域クーポン券

和光会は、1997年頃、通産省(当時)の課長の加藤敏春氏が提唱された考え方である〝ボランティア活動に対して支払られる地域通貨「エコマネー」〟を平成15年に設立した「ふるさと福祉村 岐阜-寺田」にて導入し続けてまいりました。

現在は、永年勤続者の表彰や地域の方のボランティアの参加スタンプとの交換として、「和光会クーポン」を発行しています。

ふるさと福祉村に登録のある、約400の店舗や事業所で使用することにより、地域の活性化、地域貢献、社会参加につながり、地域密着型の新しいビジネスとして振興を図っています。


Ⅶ.社会貢献活動

ペットボトルキャップ・リングプル・使用済み切手の収集

ペットボトルキャップ・リングプル・使用済み切手の収集

ペットボトルキャップは世界の子ども達のために集めています。キャップは、「ぎふNPOセンター」を通し、リサイクルにて資金に換えワクチンを買い世界の子ども達に届けられています。

リングプルは「リングプル再生ネットワーク」に送る事により、車椅子、歩行補助具、介護用品などに交換できます。患者様やご利用者様に気軽に利用していただいたり地域貢献活動として公共施設へ寄贈することもできます。

使用済み切手は、「財団法人ジョイセフ」に寄贈することで国際協力ができます。