たんの吸引等研修のお知らせ

たんの吸引等研修のお知らせ
HOME > たんの吸引等研修のお知らせ
ボランティア募集
社会貢献への取組
災害対策
お見舞いメール
岐阜市 介護・福祉・医療事業所連絡協議会

平成29年度 第1回 介護職員等によるたんの吸引等実施のための
 第1・2号研修(不特定多数の者対象)実施募集要項

医療法人和光会では、平成24年4月1日に施行された改正「社会福祉士及び介護福祉士法」に基づき、在宅や高齢者施設、障害者支援施設等において、たんの吸引等を必要とする利用者に対して、医師・看護師と連携し、適切にたんの吸引等を行うことができる介護職員等を育成するための研修を、以下により開催します。

受講希望の方は、以下の要領及び注意事項に留意し、所定の期間内にお申し込みください。


1. 研修実施機関

実施機関名 和光会たんの吸引等研修所(登録研修機関No:2110002)
所在地 〒501-0104 岐阜県岐阜市寺田7丁目100番地
連絡先・相談窓口 和光会本部 育成研修課
TEL.058-254-8080 FAX.058-254-8081
E-mail:kenshu@wakokai.or.jp

2. 研修について

研修事業名 介護職員等によるたんの吸引等実施のための研修
実施期間
研修日程表 ※研修日程はこちらでご確認ください。
実施場所
①講義: 社会福祉法人和光会 特別養護老人ホーム
ナーシングケア寺田内「地域交流スペース」
住所:岐阜市寺田7丁目85番
②演習: 社会福祉法人和光会 特別養護老人ホーム
ナーシングケア寺田内「地域交流スペース」
住所:岐阜市寺田7丁目85番
③実地研修:実地研修実施機関承諾書提出施設 ※様式③参照
受講資格
  1. 岐阜県内に所在する事業所や施設に所属し、たんの吸引等を行う介護職員等で、事業所長等が当該研修の受講者として推薦する方
  2. すべてのカリキュラムを受講できる方
  3. 受講生の所属する施設にて実地研修を行うことができる方
受講定員 40名(応募多数の場合選考有)

3. 受講申込みについて

受講研修及び
受講料
①1号・2号研修 54,000円(消費税込)
    ※テキスト代(2,160円)は別途必要
②実地研修受講者 27,000円(消費税込)
  ※和光会施設での実地研修受講者のみ
③研修一部免除者 ※詳細はこちらを確認してください。
支払方法 指定口座への銀行振り込み
解約・返金 研修開始前日までの受講中止の申出に対し、研修受講料を返金します。
受講申込の
手続きについて
募集期間内に、下記の書類を添えて申込先まで郵送にてお申込みください。
  1. 様式①「受講申込書」 
  2. 様式②「実地研修先確認書」
  3. 様式③「実地研修実施機関承諾書」
申込先 〒501-0104 岐阜県岐阜市寺田7丁目100番地
和光会本部 育成研修課 TEL.058-254-8080
募集期間 平成29年4月17日(月)~5月8日(月) ※当日消印有効

4. 研修のカリキュラムについて

【1】研修課程

第1号研修 喀痰吸引及び経管栄養のすべて(不特定の者対象)
第2号研修 喀痰吸引等行為の個別研修(不特定の者対象)

【2】カリキュラム表 ※第1号及び第2号研修(不特定多数の者対象)

種別 科目名 実施時間
基本研修(講義) 1. 人間と社会 1.5時間
2. 保健医療制度とチーム医療 2.0時間
3. 安全な療養生活 4.0時間
4. 清潔保持と感染予防 2.5時間
5. 健康状態の把握 3.0時間
6. 高齢者及び障害児・者の喀痰吸引概論 11.0時間
7. 高齢者及び障害児・者の喀痰吸引実施手順解説 8.0時間
8. 高齢者及び障害児・者の経管栄養概論 10.0時間
9. 高齢者及び障害児・者の経管栄養実施手順解説 8.0時間
基本研修(演習) 口腔内の喀痰吸引 5回以上
鼻腔内の喀痰吸引 5回以上
気管カニューレ内部の喀痰吸引 5回以上
胃ろう又は腸ろうによる経管栄養 5回以上
経鼻経管栄養 5回以上
救急蘇生法 1回以上

基本研修全課程終了後、実地研修実施機関にて下記の実地研修を所定回数行います。
実地研修期間は、基本研修全課程終了日から6ヵ月間を予定しています。

種別 科目名 所定回数 備考
実地研修 口腔内の喀痰吸引 10回以上 第1.2号研修対象
鼻腔内の喀痰吸引 20回以上 第1.2号研修対象
胃ろう又は腸ろうによる経管栄養 20回以上 第1.2号研修対象
気管カニューレ内部の喀痰吸引 20回以上 第1号研修対象
経鼻経管栄養 20回以上 第1号研修対象

5. 受講にあたっての注意事項等

遅刻・早退・欠席の
取扱いについて
遅刻:認めない。(ただし、事情があるときは20分まで認める。)
早退:認めない。
欠席:講義科目で、やむを得ないと判断できるとき(2日を限度)
受講者選定について 受付は先着順ではありません。研修受講が適格と認められた方のみ受講可とします。
申込者が定員を上回った場合は、研修受講の優位性・必要性について勘案の上、受講決定をさせていただきますので、予めご了承ください。
補講・補習について 実施の有無:有
補講・補習方法: 講義:欠席した当該科目を次回研修開催期間中に補講する。
演習:当該研修開催期間中に1日間補習する。
補講・補習費用: 補講:無料
補習:1時間につき5,400円
受講の取消しについて 次に該当する者は、受講の決定を取り消す場合があります。
  • 受講料を指定期日までに納付しないとき
  • 受講開始後の講義出席率が79%以下のとき
  • 他の受講者に対し著しく不利益を与えたとき
研修修了後の手続について 和光会が発行する「修了証」を岐阜県に提出することにより、「認定特定行為業務従事者認定証」が交付されます。申請書類は修了後にお渡しいたしますので、各自で申請を行ってください。
評価方法について 社会福祉士及び介護福祉士法施行規則別表第1及び第2号研修の修得程度の審査方法について定められた方法によります。
修了認定の方法について 全講義受講後、筆記試験によって知識の定着が確認できていること及び評価による技能習得(基本研修・演習評価及び実地研修評価)の確認ができた者を修了認定します。

<筆記試験>
形式:四肢択一式  設問数:50問
評価基準 90%以上:合格
(筆記テスト) 89~70%:再テスト(1回のみ無料)
69%以下:再受講
※再試験は1回のみの実施予定ですが、2回目以降の再試験が必要となった場合には、有料(3,240円/1回)となります。

6. 個人情報の取扱いについて

申込書に記載された個人情報については適正な管理を行い、本研修の運営及び実地研修における記載事項の紹介を岐阜県にする場合を除き、関係業務以外の目的に利用することはありません。

7. 研修期間中のお願い

研修会場及び交通機関 研修当日は指定の駐車場をご利用ください。(駐車場案内図をお渡しします。)
公共交通機関は、以下のとおりです。

岐阜バス 曽我屋線 東改田行き
O37 名鉄岐阜→大縄場大橋西→市女短→寺田ガーデン
電話、面会について 講義中は携帯電話の電源を切るか、マナーモードにしてください。
受講者への面会や電話の取り次ぎは、原則として行いません。
その他 昼食は、各自ご用意ください。各会場における昼食の飲食は可能です。
本人確認を行う場合がありますので、免許証などの本人確認ができるものを持参してください。
手荷物、貴重品の管理は各自行ってください。
講義中の録音、写真撮影等はご遠慮ください。
ごみは、各自お持ち帰りください。

Adobe Reader
PDFファイルを閲覧するには最新版の「Adobe Reader」が必要です。
お持ちでない場合、左のバナーのリンク先からダウンロードしてください。