お知らせ

お知らせ
HOME > お知らせ
ボランティア募集
社会貢献への取組
災害対策
岐阜市 介護・福祉・医療事業所連絡協議会
全1116件中(31-40件):[ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 ]

12/1・2 プレ・就活イベント『オール岐阜・企業フェス』に参加しました。
2017/12/07
 岐阜メモリアルセンターで、プレ・就活イベント『オール岐阜・企業フェス』が行われ、県内の244の企業が参加し、和光会グループも企業ブースで参加しました。
 当日は、大学1~3年生を中心にたくさんの方が来場され、当ブースにも興味を持った学生に立ち寄っていただきました。
 皆さん、担当者の説明に熱心に耳を傾け、それぞれ気になる点を積極的に質問をするなど、真剣に就職活動に取り組む様子が見られました。
 和光会では、実際に自分が働く姿を想像できるよう、採用担当者だけではなく、施設の管理者や実務の経験者なども参加するようにしています。実際に働く職場のことなど、気になることはなんでも聞くことができるチャンスの場です!
 興味のある方は、ぜひ今後のイベントでもお立ち寄りください。


『福祉の仕事就職総合フェア2017』(第2回)に参加します!
2017/11/30
福祉・介護分野への就職を目指す学生や一般の方対象の「福祉の仕事就職総合フェア」に参加します!ぜひお越しください。

日時:12月2日(土)10:00~17:00
場所:岐阜市文化センター1階催し広場
  (岐阜市金町5-7-2)
参加料:無料
http://www.pref.gifu.lg.jp/event-calendar/11219/H29_shuushokufair2.html


プレ・就活イベント『オール岐阜・企業フェス』に参加します!
2017/11/30
岐阜県の企業と出逢うプレ・就活イベント「オール岐阜・企業フェス」に参加します。
ぜひ、お越しください。

日時:12/1(金)13:00~17:00
   12/2(土)10:00~17:00
場所:岐阜メモリアルセンター ふれ愛ドーム
  (岐阜市長良福光大野2675-28)
参加料:無料

https://www.gifu-np.co.jp/allgifu/


岐阜県介護人材育成事業者認定制度において、グレード1認定を取得
2017/11/28
 11月27日(月)、ぎふ清流文化プラザの長良川ホールで開催された「岐阜県介護事業者フォーラム」で、県介護人材育成事業者認定制度認定証授与式と認定事業者取組発表及び記念講演会が行われ、和光会グループは、医療法人と社会福祉法人共に、この制度の最高グレードにあたる「グレード1」に認定されました。

 岐阜県では、平成28年度より、介護人材の育成と職場環境の改善に積極的に取り組む介護事業者を認定する「岐阜県介護人材育成事業者認定制度」を実施しており、評価項目の達成状況に応じて、3つのグレードに認定しています。初めてこの制度が開始された昨年は、グレード2とグレード3の認定がなされ、和光会はグレード2の認定を受けていました。

 授与式に出席した山田豪理事長は、理念に基づく人材育成と公正な考課システムについて発表し「今後も和光会は、グループ理念「みんなを笑顔に。」に向かって、正しく人材を評価、育成し、地域貢献できるよう取り組んでいきたい」と結びました。

 和光会グループは、これからも、介護人材の育成と適正な評価を行うため、さらなる努力を重ねていきます。


スミセイウエルネスセミナーで講演を行いました
2017/11/25
 11月25日(土)、じゅうろくプラザ2階ホールで行われたスミセイウエルネスセミナー(住友生命福祉文化財団、岐阜新聞、ぎふチャン主催、岐阜県後援)で、和光会グループ代表、北方在宅クリニック院長である山田 豪が『認知症でも笑顔で暮らそう~知っておきたい医療と介護~』と題した基調講演を行いました。同セミナーは、全国38都市で開催されており、岐阜県では4年連続の開催になります。
 講演には、認知症や介護について関心を寄せる方々が多数来場され、認知症の種類や症状から、認知症の状態に応じたサービスや相談先などについて例を挙げながら語り、参加者の皆さんは真剣な表情で耳を傾けていました。



白山小学校で『ハートフル人権ライブ』を行いました。
2017/11/13
 11月7日(火)に白山小学校で『ハートフル人権ライブ』が行われ、社会福祉法人和光会 統括施設長 藤原富子が認知症や高齢者の人権について講演をさせていただきました。
 39名の5年生の子どもたちは、みな真剣に講義に取り組み、人権課題について学んでいました。
 今回の話をきっかけに、子どもたちが地域や身近な問題を考え、思いやりの気持ちを大事にできることを願っています。
 


『第16回 祭いこまい中山道河渡宿』に参加しました!
2017/11/06
 和光会は、今年も「祭いこまい 中山道河渡宿」(主催:合渡まちづくり協議会・中山道河渡宿の会)に参加させていただきました。今年で16回目を数えるこのお祭りは、江戸時代に栄えた中山道「河渡宿」を守り続けた民衆や旅人らを時代行列として再現することで、地域を盛り立てていこうというものです。

 台風の影響で1週間遅れで開催されましたが、和光会からは約40人が参加し、見事な秋晴れのもと、気持ちの良いスタートとなりました。

 馬頭観音での出発式と鏡開き・美酒ふるまいのあと、河渡城主や姫君、家臣団などに扮した時代行列は、笑顔を振りまきながら約600メートルの道のりを練り歩きました。和光会からは2人の姫君役のほか、威勢のいい男女神輿や仲居踊りを地域の皆さまに楽しんでいただきました。

 メーン会場の杵築神社では、時代行列のパフォーマンスに和太鼓などが行われ、和光会も恒例のダンスや仲居踊りなどを披露し、山田病院の健康チェックコーナーのブースでは、地域の皆さまと健康を通した交流を深めさせていただきました。

 祭りの締めくくりは、恒例の厄除け餅まき。今年は事業部副部長 時岡優が行いました。始まると、手を叩いて合図したり、大きな袋や風呂敷を広げながらアピールする人など、みな思い思いの方法で紅白の餅をキャッチしていました。

 和光会は来年も地域の皆様とこのお祭りを盛り上げていきたいと思います。
 今年も本当にありがとうございました。



ベトナム『まもりアカデミー』から視察団が来られました。
2017/11/01
 ベトナムホーチミン市の日本語学校『まもりアカデミー』から4名の方が、和光会グループへ視察に来られました。
 ベトナムでは今後急速に高齢化が進むと予測されており、その中で日本の介護施設、介護職への関心が高まっています。
 関係者ご自身も理学療法士、薬剤師などの専門職であり、当法人の施設である特別養護老人ホーム『ナーシングケア加納』や、介護老人保健施設『寺田ガーデン』、『山田病院』を熱心に見学しながら、専門的な質問を投げかける姿も見られました。



岐阜大学教育学部付属小学校で『ハートフル人権ライブ』を行いました。
2017/11/01
 10月27日(金)に、岐阜大学教育学部附属小学校で、『ハートフル人権ライブ』が行われ、社会福祉法人和光会 統括施設長 藤原富子が「高齢者の人権」をテーマに、5、6年生の子どもたち120名にお話しさせていただきました。
 高齢者の認知症についてなど、子どもたちは熱心に聞き入る姿が見られました。
 これを機に、子どもたちが、高齢者への理解を深め思いやりの気持ちを大事にしてくれることを願っています。


加納西小学校の皆さんからおたよりをいただきました!
2017/10/31
 9月15日(金)に、岐阜市立加納西小学校で4年生のお子さんと保護者の方を対象に、高齢者の人権をテーマにした「ハートフル人権ライブ」が行われ、社会福祉法人和光会 統括施設長 藤原富子による「高齢者の人権」をテーマにした講演や、実際に高齢者の方々の生活を体験する「高齢者疑似体験」などを行いました。

 その感想のお手紙を子どもたちと保護者の皆さんからいただきましたので、ご紹介します。
 お手紙には、今回の講話や体験を通して学んだことを生かして、困っている高齢者を見かけたら助けてあげたい、またご家族にもやさしくしていきたいなど、思いやりのある優しい気持ちがたくさんつづられていました。
 子どもたちの成長を見守る保護者からも、子どもたちの優しい気持ちを感じ、共に高齢者を見守る社会を作り上げたいという声も寄せられました。

 和光会グループでは、子どもたちが実際の体験を通して福祉への理解を深めていくことを願い、今回のような高齢者疑似体験を小中学校で行っています。今後も住み慣れた地域で安心して暮らし続けられるための仕組み(地域包括ケアシステム)づくりに取り組んでいきます。


全1116件中(31-40件):[ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 ]