SUNSHOW GROUP 代表 西岡徹人 様和光会グループ 理事長 山田 豪(医師) |対談|和光会グループ|岐阜

国際社会が取り組むSDGs(持続可能な開発目標)に、県内でいち早く取り組む企業があります。
今回は、建設業を中心に事業を展開する「SUNSHOW GROUP」の西岡徹人代表をお招きして、
SDGsを取り入れたきっかけや想いなどをお聞きしました。

  • 西岡 徹人 様

    SUNSHOW GROUP 代表

    SUNSHOW GROUP/
    総合建築業。社会課題の解決を経営戦略の中核に据え、ビジネスを展開。新築注文住宅を提供する建築事業を中心に外構事業、メンテナンス事業など事業の多角化を図る。
    2018年に第2回「ジャパンSDGsアワード」にて、SDGs特別賞(パートナーシップ賞)を受賞。

  • 山田 豪

    和光会グループ 理事長(医師)

    主な経歴など/
    京都大学医学部附属病院、兵庫県立尼崎病院などを経て、現在に至る。
    倉敷中央病院 内分泌代謝・リウマチ内科代謝疾患や内分泌疾患が専門。また、在宅での看取りや緩和ケアなど、在宅医療にも積極的に取り組んでいる。

  • 西岡 徹人 様

    SUNSHOW GROUP 代表

    SUNSHOW GROUP/
    総合建築業。社会課題の解決を経営戦略の中核に据え、ビジネスを展開。新築注文住宅を提供する建築事業を中心に外構事業、メンテナンス事業など事業の多角化を図る。
    2018年に第2回「ジャパンSDGsアワード」にて、SDGs特別賞(パートナーシップ賞)を受賞。

  • 山田 豪

    和光会グループ 理事長(医師)

    主な経歴など/
    京都大学医学部附属病院、兵庫県立尼崎病院などを経て、現在に至る。
    倉敷中央病院 内分泌代謝・リウマチ内科代謝疾患や内分泌疾患が専門。また、在宅での看取りや緩和ケアなど、在宅医療にも積極的に取り組んでいる。

風土改革で社長の意識が変化

山田理事長
御社はSDGsに積極的に取り組んでいますね。
西岡社長
実は1999年の創業時、弊社は恥ずかしながらいわゆるブラック企業でした。私の口癖は「利益を上げろ」でしたし、社員さんからも信頼されていなかったと思います。しかし、青年会議所で活動しているうちに、自分がパワハラ社長だと気づきました。そこで、自らトイレ掃除を行うなど、社内の風土改革に取り組み始めたところ、「私には関係ない」と言っていた社員さんの意識が変化し始め、「このままではいけない」と、徐々に ”自分ごと”として捉えるようになってきたのです。 

2018年にSDGsを知りましたが、事業を通してすでに取り組んでいることが多く、「SDGsは、社会の課題を事業を通してどう解決し、どう持続可能な未来にするのか」とうまく転換してくれました。

低価格・高品質の住宅を提供し、子どもの未来に希望を

山田理事長
SDGsに取り組むことで、建築業界の中での差別化や御社のブランディングにも繋がっていますね。
西岡社長
一人親や外国籍の方、高齢者など、まじめに働き、納税もしているのに住宅購入を諦めた方に、低価格で高品質の住宅を提供できれば、余剰金はお子さんに回せて未来に希望を持てます。それが780万円から購入できる「SUNSHOW夢ハウス」です。棟数を増やし、志を同じくする全国の工務店と資材を共同購入することで、どこよりも安い仕入れ値を実現しました。下請け、孫請けの悔しさも理解していますので、SDGsの観点からも、皆が均等な利益を得られるようにしています。
山田理事長
医療分野でも医療サービスだけで完結することの方が少ないものです。我々も急性期病院の治療が終了した方の自立を支援するために、介護サービス等との連携や協働が必要です。
西岡社長
今後は高齢者の社会課題に取り組めたら…と思っています。介護業界、医療業界、そして住宅業界が手を取り合い、社会保障費の削減に貢献できればと。連携できることがありそうですね。
山田理事長
そうですね。我々も医療と福祉を通して、いつまでも安心して暮らせる地域づくりに貢献したいです。今回は、ありがとうございました。

ご相談・お問い合わせ

メールで相談する

電話で相談する

受付時間
月~金 9:00 ~ 17:00

0120-545-513

受付時間外でのお問い合わせは、でお願いします。